2008年04月06日

ボゴタでの家族紹介

 現在首都ボゴタで1ヶ月間の語学訓練中。1ヶ月間お世話になる家族をご紹介。

DSCF0096.jpg

 家はボゴタ市街北部の閑静な住宅街にあります。語学学校へは徒歩15分。昼休みが2時間もあるので家で昼食をとるので毎日2往復で合計1時間の散歩です。ボゴタはきちんと区画整備されていて公園も多く、なんかここは全く途上国ではないって感じ。

 でもそれは自分がここに住んでいるからだけで、コロンビアの貧富の差はめちゃくちゃ激しいし、立ち入りできない場所もめちゃくちゃ多いし。貧富の差を表すニジ係数世界7位、国土のほとんどに立ち入り禁止、都市間移動も飛行機のみ。なかなかこの国の状況を外国人が把握することは困難やと思います。

DSCF0103.jpg

 さて家族はパパとママと犬一匹という家族。息子さんは近所に住んでてたまにくるけど娘さんはカナダに住んでいる。

 まずはオカンのグローリア、とにかくめちゃしゃべる。黙ってることなし。そして動きがかなりコミカル。最初は何言ってるか全然わからんくて、なんともようしゃべるなー、すごいなーと思って聞いてたけど、最近少し理解できるようになってきたらなんてことはないしょうもないたいして内容のない話を繰り返してるだけでした。

 オトンのサンチアゴは医者。面倒見がよくて、これまた顔に似合わずコミカルに動きよくしゃべる。お金の話が大好き。釣りも大好き。だいたい8時ころに帰ってきてみんなで夕食を食べます。

 最後に愛犬のルーフォ。9歳。めちゃくちゃおとなしく人懐っこい。部屋を空けとくとすぐ入ってくるし、いつもお腹がすいてるらしくご飯をたべてると自分にもくれとせがんでくる。あまりにせがむからあげたらきっちり次の日にお腹壊してる。なんともかわいいやつです。

DSCF0095.jpg

 そしてこの家にきて初めての食事がこれ。この右上のやつ。肉は肉なんですが牛のシッポ!!最初の料理でシッポ食べちゃいました。でもおいしかったー!!

 平日は夕食のときくらいしか話す時間がないけど土日は一緒にどっかいこーって誘ってくれる。早くカルタヘナに行って活動したいけどまあもう少しこの家族とのんびり過ごします。

 あっ、5日の朝日新聞の夕刊のスポーツ欄に写真つきで僕の記事が載ってるらしいのでできたら探して見といてください。
posted by 魚 at 07:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。