2010年01月27日

これぞ協力隊活動(喜)、これぞ南米(哀)

 みなさん、こんにちは。残り2カ月の任期を切り猛ダッシュの阪長です。あれやこれやいろんなこと企画しています。

 まずは2月末、3月初めに開催予定のコパ・デ・トモ(トモカップ)の説明会を各チームに行いました。

107_0301.jpg

 この大会は子供たちならびに指導者や保護者に試合の中で規律や協調性を学んでもらおうというもので、僕が主催し特別ルールをたくさん使用します。

107_0302.jpg

 例えば、時間の守れないコロンビア人のために、
 試合時間の1時間前に到着し45分前にはメンバー表を交換しウォーミングアップを開始する。1時間前に来ていない選手は3回終わるまで試合に出れない。

 例えば道具を大事にできないコロンビア人のために、
 道具を投げたら1点減点。

 試合時間が長くだらだらした試合が多いことを改善するために、
 投手は10秒以内に投げなければボーク。

 グラウンドを自分たちできれいにするという考え方がないコロンビア人のために、
 試合後は各チーム数人ずつを出しトンボでグラウンド整備、などなど。

 金曜日5時から開いたミーティングにはほぼ全チームが時間通りに集合(これ、コロンビアでは奇跡)、そして僕の思いをしっかり理解してくれている野球協会が主になって特別ルールの説明をし各指導者たちも真剣に聞き、質問も積極的に飛び交っていました。

 翌土曜日はトンボ作り。これコロンビアに来た時からやりたかったんです。

107_0315.jpg

 コロンビアの選手や指導者たちはグラウンドに感謝するという気持ちがない。日本人のようにグラウンドがあるから野球ができるという感謝の気持ちはなく、グラウンド整備もせずにイレギュラーしたらボールが跳ねたからおれは悪くない、グラウンドが悪いんだ、といった具合です。いやいやそうじゃないでしょ。

 成長するためには言い訳をする環境を極力減らすんです。トンボを作り、自分たちでグラウンド整備をして、自分たちでイレギュラーしないグラウンドを作る。ボールが跳ねるのは整備していない我々が悪いんです。

107_0306.jpg

 で、木材を購入し、のこぎり、釘、金槌、やすりを駆使しトンボを作りました。
107_0309.jpg

107_0311.jpg

107_0317.jpg

 同期の藤井バスケット隊員も手伝ってくれ、

107_0307.jpg

107_0314.jpg

 思いもよらず、野球協会会長の旦那さんや息子、

107_0318.jpg

107_0310.jpg

 そして同僚のコーチたちも手伝いに来てくれて2時間ちょっとで18本も完成しました。

107_0321.jpg

107_0312.jpg

107_0313.jpg

 大会の説明会にしろ、トンボ作成にしろ、こちらがアイデアを出し、初めの一歩を実行することによって現地の人々が自主的に手伝いに来て、ともに努力していく。隊員だけで1人でやってしまうのではなく、現地の人々がそれに自主的に行動し成長していく。これぞまさに協力隊の活動やな〜としみじみ思いました。

 今日、月曜日、グラウンドに来てトンボが完成していることをみた子供たち(特に日本遠征に行った子供たち)は僕が何も言わなくても練習前におもむろにトンボを使ってグラウンド整備を始める。

 『トモ、ダメだ〜、このグラウンドは日本と違って石が多すぎる〜。』

 『そしたら石拾いを30分しよう。』

 今日は練習の最初の1時間を使って石拾いとグラウンド整備をした。たまにはいいよ、こういうことに時間を割くのも大切や。

 その後ウォーミングアップを終えきれいなグラウンドでノックを始める。うん、やっぱり自分たちできれいにしたグラウンドで野球するのは気持ちいい。そんなノックの途中に事件は起きた。

 外野のフェンスを乗り越えて5・6人の子供ら(10歳から13歳くらい)がこちらに向かってくる。うちの選手らが反応しベンチに戻りバットを握り向かおうとする。

 おいおい。ちょっと待たんかい。こっちはなんやさっぱり意味がわからん。とりあえず止めに入る。選手にバットを捨てて事務所の方に行けと言い、入ってきた奴らには何をしに来たのかきく。おれらの兄弟が殴られたから仕返しに来たと言っている。

 奴らは興奮しきっている、しかも刃渡り15センチくらいのナイフまでもってやがる。おれは大人やし、バットも持っているしおれには振り回してこうへんやろうと考え、とりあえず止めに入る。ほかに大人はいない。うちの選手は刃物を見て事務所の方へ逃げる。

 とりあえずこれで収まったと思ったが、逃げ遅れていたうちの子供がいて、刃物を振り回される。5回ほど振り回されて指を切られ血が流れた。かわいそうだが指の切り傷で済んで本当によかった。そこで他の大人も出てきて奴らは逃げて行った。

 どうやら、うちの選手の言い分によると先週木曜日にうちの選手一人(今日は来ていなかった)が道でそいつらに襲われ物をとられそうになったらしい。そこでやつらを殴り逃げた。その後もやつらは野球場の塀からちょっかいを出し、下半身を出し挑発していたらしい。そしてうちの選手が我慢できずにまた殴ったらしい。その腹いせにその仲間らがきたらしい。

 やつらは学校にも行かず、道でふらふらしている子供たちのようだ。同一犯とは思わないが2カ月ほど前、野球場のすぐ横で白昼堂々強盗が時計を奪おうとし拒否した男性を拳銃で殺した。子どもの水泳の大会に他県から来た保護者で、かわいそうに子供の前でその男性は殺された。最近野球場の周りは本当に危ない。この土曜日も女性が襲われたらしい。全て目の前の道だ。

 コロンビアの貧富の差は半端なくそれが原因で事件は多い。やつらは山裾に住む貧しい地域から下りてくる。元々貧しい家庭に生まれ世の中の理不尽を嘆く。貧しい家庭に生まれて、金がなく親は学校にも生かしてくれない。親に暴力をふるわれて家出するしかない。親が蒸発しどこにいるかもわからない。そんな家庭に生まれ、金持ちもいる町でともに暮らす。理不尽を肌で感じているから、やつらは怖いものなどない。失うものが何もないからやつらは平気で刃物や拳銃を持ち、平気で傷つけそして殺す。

 やつらは悪い。親も悪い。うちの選手が傷つけられてくやしい。でももしおれが、コロンビアのボロ屋に生まれ親に仕事がなく学校にいかしてもらえず、両親ともに蒸発し拾われた家では暴力をふるわれる、そんな境遇やったら自分でどうしているかはわからない。

 理不尽を嘆き、幸せそうに暮らす家族をうらやみ、学校にも通えず未来の希望を失い、その場の空腹をごまかすためにドラッグに走り、理不尽である世の中が悪いという言い訳を作り平気で金持ちを武器を持って襲っていたのかもしれない。

 すべての人間から欲というものがなくならない限り平和は訪れず、それは永遠にこないのであろう。

 刃物を振り回しけがをさせたやつらは悪い。でも奴らだけが悪いわけではない。とにかくうちの選手の怪我が最小限で済んでよかった。でも、野球場の周りで殺人事件が起きたり、少年ギャングが刃物を持って襲ってきたり、自分も拳銃強盗に遭ったり、つくづくここは南米だな〜と客観的にしみじみ思う自分がいる。


posted by 魚 at 11:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい環境でやっていますね。
命の危険が少ないスリランカ。
もし自分が中南米にいたら生活は全く違っていたかもしれません。
お互い無事に帰国して、そしてまた会いましょう!!
コロンビアの話も沢山聞きたいです!!!
Posted by URUSIX at 2010年01月27日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139486662

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。