2010年01月14日

2010年始動。そしてあと2カ月。

 みなさん、こんにちは。1か月以上ブログほったらかしですみませんでした。昨日よりやっと今年の練習がスタートしました。スタートしたというより無理やり始めました。というのは・・・。

 コロンビアは国も県も市も新年度の1月に入ってから予算を決め始めるんです。同僚のコーチたちは県のスポーツ局所属でそこから給料が払われるシステムなんですが、1月早々は県の予算が決まってないから契約にサインができないんです。下手したら2月・3月までほったらかし。その分給料は当然払われません。

 要するにコロンビアではスポーツに係わらずいろんなところでいろんな人たちが年初めの1カ月か2カ月、行政の予算が立たず契約できないため働けない。毎年そうやって1カ月から下手したら3か月ほど時間を無駄に過ごすんです。なんじゃそれ、そんなもん12月中に全部やっとけやと思うのが日本人ですがコロンビア人はそうはいかない。なんせ行き当たりばったりですから3日後のことも考えていませんから。行政も同じです。

 じゃあうちの野球はというと昨日は指導者僕1人でスタートしました。ほかのコーチは??他のコーチもサインできなくてもとりあえず教え始めればいいやん??給料はあとでもらえるやろ??というのが日本人感覚でコロンビアでサインする前に仕事を始めると、こいつはタダで働いてくれると判断されサインがどんどん先延ばしになり下手したら半年以上タダ働きをさせられる。ちなみに去年も2カ月に1回(もちろん1カ月分の給料)しか払われなかったらしいです。一番物入りの12月分の給料も払われておらず、当然のように県は払う気がないでしょう。

 もうほんま頼むで〜。日本では当たり前のことが当たり前ではない。でもやりたいことはいっぱいあるし僕の活動もあと2カ月しかないので・・・。あと2カ月でやることは・・・。

 1 看板作り(子供たちが日本遠征で学んだノルマを大きな看板に書きグラウンドに備え付ける。)

 2 トンボ作り(子供たちが自らグラウンド整備ができるように10本のトンボを作成。)

 3 第3回、第4回のコパ・デ・トモ開催

 4 日本遠征の本づくり(子供たちが日本で学んだことを忘れないように、そしていけなかった子供たちも勉強できるように、スペイン語で日本遠征の冊子作り)

 うわ〜、やることいっぱい。なんとかあと2カ月でやりきるぞ〜。

 あ、帰国報告もつくらなあかん・・・。ちょっとエンジンかけていきます。
posted by 魚 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ち遠しかった
更新

任期終盤は、超ウルトラ多忙な日々ね、

一番充実してるから、アッ
と言う間に離国!

サイコーな仕上げを
楽しんで〜!!
(苦しい とも)

さて、
コロンビアでも無給 遅配…
へ〜そうなんや〜

そういや、同僚たちが泣いて金策した話
 ↓
1年近く給与遅配、
で、政府から渡されたのは
現金じゃなくて、
援助食糧のツナ缶だった。
(それって ODA横流し アカンやんか 怒)

Posted by 旧Seneガール at 2010年01月16日 22:51
 ☆旧seneガールさん

 更新遅れて申し訳ないです。残り2カ月忙しいですがラテンなんで楽しみながらいけるとこまでやって帰ります!!ODAの横流し、現金じゃなくて援助食糧が給料。いや〜、まさにアフリカンワールド。なんか2年前のガーナの記憶が。日本では当たり前のことが当たり前じゃないから、いらいらしますし、本人らも大変でしょうけど、はたから見ると思わず笑ってしまいますよね。
Posted by 魚 at 2010年01月18日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。