2010年03月23日

コロンビア出発、日本へ

 みなさん、こんにちは。ついにこの日記を書く日が来てしまいました。そう2年間のコロンビア生活が終了してしまったのです。

 昨晩ボゴタを出発し、現在ヒューストンにて日記を書いています。

 人生のうちの2年間は決して短くはなく、つらいことも楽しいこともうれしいこともたくさんありました。これまた喜怒哀楽の激しいコロンビア人たちと過ごしていたのでその量は日本にいるときの10倍くらいはあったんじゃないでしょうか。

 野球に関しては今までたくさん書いてきたのでここではあえて触れないでおこうと思います。ひとつだけ書くとすれば、カリの野球連盟から『日本人からもっと野球を学びたい』という強い要望が出て後任のボランティアを募集することになったこと。これは僕が伝えたかったことを彼らが理解し始めた結果なのではないかと思います。隊員として後任を呼べるのは非常にうれしいことです。

 さて、コロンビアで過ごした2年間。コロンビアの何が良かったかと聞かれれば、私は間違いなく『コロンビア人』と答えます。日本では麻薬・ゲリラ・誘拐・殺人と悪いニュースしか排出しない国と思われがちですが、そういう一部の人たちを除いて大半のコロンビア人は本当に明るく親切で親切すぎておせっかいやきで、明るすぎてちょっとこっちがまいってしまうくらい底抜けに明るい、そんな人々です。カリニョッソという言葉の通り、男性とは握手やハグ、女性とはほっぺをくっつけてベソ(キス)したり抱擁したりと人々のつながりは本当に強かったなと思います。20歳を超えた息子が母親に毎日ベソして学校に向かう姿を見るとなんとも微笑ましいですね。特にカリの人たちは本当に親切で大好きになりました。

 そしてカリと言えばなんといってもサルサ!!サルサが踊れなければカリ人じゃないと言わんばかりにみんなサルサを踊ります。僕も何度となくディスコテカにはお世話になりました。カリを出る前に開いてくれたお別れ会も当然のようにみんなで踊り、たくさんの選手のおかんたちと踊ったな〜。サルサ・バチャータ・メレンゲ・バジェナート・・・コロンビアのディスコテカはまさに楽園でした。17歳の娘が父親と普通に踊る、日本では考えられない光景にやはり家族の絆を強く感じる瞬間でした。

 そして最後は何と言ってもコロンビアの美女たち〜!!美人の国と言われているコロンビアですが、それは紛れもない事実でした。友達も美人、街ゆくそこの女性も美人、商品の宣伝をしている街の売り子も美人!!

 みんなが言ってくれる、『トモ、日本に帰るな。もっとコロンビアにいてくれ。もう少し期間を延長できないのか?たとえ日本に帰ってしまってもまたすぐ会えるよな?』って。そして僕の頭の中もすでにラテンになっているので『もう一生会えないかも』なんて絶対言わない。『おれはあと50年は生きるからね、みんなも何十年もまだ生きるでしょ?そしたら絶対また会えるって。てかすぐに戻ってくるよ!!』実際にはもう会わない人もいるかもしれない、でもラテンでは悲しいことは考えず常に楽観的に発言する。そうすることによってみんなが明るく生きられる。

 人生の楽しみ方をコロンビア人に教えてもらったな〜って心から感謝、野球を教えるなんていうてコロンビアに来て、逆にコロンビア人に人生の楽しみ方を学ばしてもらった。

 日本到着翌日から帰国研修を行って週明けには大阪に戻ります。2年間あたたかく見守って下さったみなさん、本当にありがとうございました。2年間元気に過ごし任期を全うし日本に戻れることを本当にうれしくおもいます。

 今後の人生は、じっくり考えます。野球を通じて開発途上国で生活する機会を4年間もいただきました。アジア、アフリカ、南米・・・、貧しいと言われる人々は決して心まで貧しいわけではなく、さまざまな問題を抱えつつも力強くたくましく、時には荒々しく生き続けています。できれば彼らのために野球というツールにとらわれず今後も働いていきたい。そんなことを漠然と思いつつヒューストンから成田行きの飛行機に乗る自分がここにいます。

 とにかく、みなさんありがとうございました。コロンビアでの生活は終わりましたが、新たな人生を力強く踏み出したいと思います。今後ともよろしくお願いします。


posted by 魚 at 21:45| Comment(31) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。